過払い金について

バッジ

返済した借金の一部が戻るかもしれない、過払い金の基礎知識

過払い金は、「グレーゾーン金利」と呼ばれる過去の違法な利息分を、貸金業者から返還させることを指します。 現在合法とされているのは、利息制限法によって定められた利息であり、最も高い利息でも20%(10万円未満の融資の場合)しか認められていません。そのほかにも、100万円未満の融資では18%、そして100万円以上の融資で15%の利息という制限がなされています。 過払い金の請求は、弁護士や司法書士などの事務所で受付を行っており、過去に「グレーゾーン金利」の疑いがある消費者金融や、クレジット会社のサービスを利用したことがあるすべての方が対象になります。 ただし過払い金の返還期間は10年という制限があるため、過払い金請求の必要がある方は、早めに行動を起こす必要があると言えるでしょう。

あなたの過払い金はいくら?

過払い金とは貸金業者に払いすぎたお金のことです。近年増えているのがグレーゾーン金利の過払い金です。 利息制限法では金利の上限は金額に応じて15%〜20%に設定されていますが、出資法で定める29.2%を超えなければ刑罰に処されることはなかったため、多くの貸金業者がグレーゾーン金利を設定していました。 グレーゾーン金利でお金を借りていた期間が長ければながいほど、また借りていた金額が大きければ大きいほど、過払い金返還請求によって戻ってくるお金の金額が大きくなります。過払い金返還請求をすることによって百万円以上のお金が戻ってくるケースもあります。 最近では、貸金業者の経営状態の悪化から、貸金業者が過払い金返還請求に応じなかったり、悪い条件での和解を求められたりすることが多くなってきているようです。金利を払いすぎていた人は返してもらう権利がありますので、弁護士を雇うなどして、払いすぎたお金はきっちり全額取り戻すべきでしょう。