自分で行動をする

男性

ここ数年、テレビなどで盛んに過払い金返還請求のことが流されていますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。過払い金返還請求というのは、過去に利息制限法の上限利率を超えた金利の適用を受けて借金をしていた人が、余計に取られすぎていた金利を返してくれるように金融業者に請求することを指します。黙っていても、自動的に返してもらえるようなお金ではありませんので、利息を払いすぎていたという心当たりがある人は、自分でアクションを起こさなくてはなりません。大阪では、そのような過払い金で困っている人が増えているため、大阪にある多くの税理士事務所がその相談にのっています。評判のよい税理士も大阪には多いことから、大阪以外の地域からも相談に訪れる人がいるようです。また、この過払い金返還請求権は、最後に金融業者と取り引きをした時から10年経過すると消滅時効にかかることになっていますので、時間的余裕はあまり残っていません。ですので、権利を持っている人は、すぐに税理士など専門家に相談してみることをおすすめします。

過払い金返還請求は、金融業者からお金を借りていた本人が自分ですることもできます。ただし、ほとんどの金融業者が、個人からの過払い金返還請求にまともに対応してくれない状況になっていますので、司法書士や弁護士が提供している専門サービスを利用するのが一番です。法律の改正によって過払い金の返還請求が可能になった当初は、どの金融業者も割とすんなりお金を返してくれました。しかし、その後に過払い金返還請求ラッシュとも言えるような状況が出現し、その支払い負担に耐えることができなかった金融業者がたくさん倒産しました。そのため、現在では訴訟を起こさない限り返金には応じないという対応をしている金融業者が少なくありません。複雑な手続きが必要になる可能性がありますので、専門家のサポートを受けるようにした方がよいでしょう。