司法書士に頼める手続き

握手

司法書士の利用について

相続相談サービスを提供する法律専門職の数が増えてきていますが、どの事務所を利用するか迷っている場合は、司法書士事務所に相談してみることをおすすめします。司法書士は、客からの依頼に応じて不動産登記手続きを代行できる権限を有しています。ですので、相続した遺産の中に不動産が含まれている場合は、司法書士を利用するのが一番です。相続人自身が変更登記の申請をすることもできますが、登記実務は複雑なので、最初から専門家に任せてしまうようにした方がよいです。登記申請書の書き方は法律で厳密に定められていますから、登記の知識を全く持っていない人が自分で正しい書類を作成するのはまず不可能です。また、添付書類を揃えるだけで一苦労するハメになってしまいますので、司法書士に相談してみるようにしましょう。

遺言書を見つけた場合には

司法書士に依頼できる業務は、登記手続きだけではありません。司法書士は、弁護士と比較しても遜色ないほどの豊富な法律知識を有していますので、相続関係の様々な相談にのってくれます。たとえば、故人が亡くなってからしばらく経った頃に遺言書が発見されるケースがしばしばあります。そのような時は、まず司法書士に相談してみるようにした方がよいです。 遺言書が封をされた状態で発見された場合、相続人としては一刻も早く中身を改めたくなってしまうものです。しかし、家庭裁判所の検認手続きを受ける前に勝手に開封すると罰せられることになっています。でも、司法書士に相談すれば、すぐさま家庭裁判所の検認申請手続きを取ってくれます。何も知らない素人が勝手にいろいろなことをやってしまうと、かえって面倒なことになってしまう可能性が高いです。ですから、専門家である司法書士に任せてしまうのが望ましいです。