相続税について知る

スーツの男性

相続税を節約するためのシミュレーションについて

相続税と言うのは世代を超えて資産を相続する場合にかけられる税金のことです。一般にこの様な問題に悩むのは資産家であり、如何に課税されずに資産を残すかに焦点を当てて様々なシミュレーションを行うのが一般的です。 相続税のシミュレーションを行った場合、比較的よく選択されるのは不動産関係の購入による節税です。例えば資金が豊富にあるのであればマンションの建築などを行うのも相続税の節税になります。不動産を取得して住宅を建てた場合、一般的にその段階で資産価値は大きく目減りします。そしてそれが賃貸住宅であればさらに3割減ることになります。この様にして不動産価値を落とすことで相続税額を押し下げようとするのが節税方法として知られています。

現金で住宅を購入することで節税を行う

相続税を如何に少なくするかというシミュレーションを行うのは資産家が悩む最後のテーマです。何もしなければ相続税として国に支払うことになる現金は最大となりますので、様々なシミュレーションを行うことで時所為代に残すことのできる資産を最大にする方法を検討するのが一般的です。 比較的多い選択肢としては現金での住宅購入が挙げられます。住宅など不動産の購入に現金を当てた場合、購入した段階で大きく資産価値が減損する仕組みになっており、実用性のある相続税対策として広く利用されている方法です。この様な仕組みで資産を形として残し、最終的に支払うことになる相続税額を節約することが出来るのが現在の税制の仕組みであると言えます。